旦那、タイヤかえませんか?

僕の空冷ビートル(50年前の旧車)のタイヤを交換した話です。

これまで、6年間で3万キロほど走行したので、安全を考えればそろそろ変えどきだと思ってました。

先日、ENEOSに寄った時に(毎度のようにですけど)店員さんからタイヤ交換の提案がありました。

「タイヤの溝はまだ残っていますが、そろそろ交換時期ですよ。」

私、「こないだも言ってたよ。」

「こないだよりすごいんです。キャンペーンで破格です。値段だけでもきいてください。」

「今回のキャンペーンはヨコハマタイヤになります。取り付け工賃やバランス調整も全て含んでこの価格です。洗車もつけちゃいます。」

私「むむむ、むむ。や、安い。お願いします。」

“ヨコハマ GTスペシャル クラシックY350”

ネット価格を見ても相当安いのです。

いま、車に合う国産タイヤはこれしかありません。

ENEOSの「タイヤ、キャンペーン」やっている時は、スタッフに聞いてもいいかも? でも、いい鴨になりませんように。。

タイヤの交換作業は1時間もかからずに完了しました。

走りは良くなり、音も静かになりました、というわけではありません。

第一、この車自体は性能は並以下、エンジン音も大きめで、タイヤの走行音など聞こえません。

しっかり止まり、安全であればいいです。

交換作業中、受付で待っていると

「旦那、そろそろタイヤ交換の時期ですよ。いまならキャンペーン中で。。。。」

と別のお客様にも囁いていました。