東京駅前のシエラデザインのアウトレット。早速体験してきました。

約20年着てきた、お気に入りのシエラデザイン、マウンテンパーカー60/40。

裾は擦り切れ、ベルクロテープははずれ、

もう寿命です。

きれいに見えますけど、20年で、ベルクロがほつれ、裾とそでが擦り切れ、くたびれたパーカー。

 

新しく買い直そうとしらべたら、

Amazonは 60,000円

とても買えません。

 

 

 

がっかりして、サイトを眺めていると、

OUTLET STORE

 

次の日、仕事の帰りに行ってきました。

思ったより、

こじんまりとしたアウトレット。

が、

小さいと思ったお店の中に入ると、マウンテンパーカー60/40はもちろん、65/35、コート、シャツ、レディース、バッグなど小物類まで、溢れんばかりにありました。

まずは、

ど定番マウンテンパーカー60/40はやっぱり定価でした。

 

でも、その横には、

60/40ではないものの、65/35という布でほぼ同じシルエット。

定価は33,000円。日本製。

即購入

[シエラデザインズ] 65/35 MOUNTAIN TRAIL PARKA 6501 Navy LAmazon(アマゾン)

65/35は、60/40と比べると少ししなやかで、着やすい反面、耐久性が劣るような気もしますが、見た目はそんなに変わりません。

 

まだ、あまり知られてないのか、お客は私ひとりでがらがらでした。

トイカメラで撮った写真。

デジカメはとても綺麗に撮れていいのですが、イマイチ味というものがないように思います。

ぼくは、写真の腕もそれほどあるわけではなく、ほかの人と同じような写真になります。

人と違った写真を撮りたい。

 

機材から厳選しました。

カメラ。

Holga120というカメラです。(メルカリで2000円でした、)

このレンズはプラスチックで、絞りは固定(F8)、

シャッタースピードは 1/100固定。(バルブというのもついてます。)

距離も、大体こんな感じかな?という合わせ方。

ボディはプラスチック、「うっかりするとふたがあくから気を付けてください。」

と、取説に書いてある、いい加減なカメラです。

 フイルム

120という大きいサイズのフイルムを使います。(通常の35㎜と比べてください。)

lomography という、癖のあるメーカーのフイルムで。12枚撮りです。

ISOは100-400、ゆるいとでもいうのでしょうか?

https://shop.lomography.com/jp/2021-lomochrome-metropolis-120-iso-100-400

フイルムは1680円。

現像は送料込みで1000円。

計2680円

12で割ると、一枚にかかる経費は230円。

以下、一枚230円で取れた写真の抜粋です。

巻き上げるのを忘れました。
まあ、これは普通に撮れている。
これは、なんだかいいかんじ。

このカメラで一味違う写真を撮るのもうでが必要なようです。

コストが高いので、次はいつになるかわかりませんね。

今どきのドライヤー

ドライヤーが新しくなってました。

パナソニックの最新最上機種のドライヤーです。

妻いわく、「これはすごいドライヤー。女性ならみんな持っている。髪の毛が潤ってつやつやになる。」

ドライヤーは今では髪の毛を乾かすだけではないものですね。

このドライヤー、ナノイーというものがでるそうです。

ナノイーが飛んできて、潤ってツヤツヤになるということです。

そういえば2年前も同じことを言ってドライヤーを買いました。

2年前の機種。

これよりナノイーが倍増しているそうです、

妻が、髪をかわかして、

「ほら、つやつやになったでしょ!」

「うん、つやつやだね。」

と答えますが、全くわからないのです。

試しに自分でやってみました。

全くわかりません。

パナソニックだから、効果は確認済みだと思います。

が、全く実感できません。

今時フィルムカメラかよ。

カメラのフィルム、この最近ですごく高くなりました。

以前は業務用富士フイルムは300円で買えたのに。(カメラのキタムラでかごに山積みでありました。)


10本の価格です。

今では、フジカラーフィルム24枚撮りはAmazonで1980円です。

デジカメは夜景だって花火だってなんでも綺麗にとれます。

スマホだってすごいです。

が、そんな昨今でも、オヤジになるとフィルム撮ってみたいのです。

Pentax K2
Pentax K2 45年前のカメラとLomographyフィルム

 

フィルムは、一球入魂、いや、一押入魂です。

バンバン撮れない、それがいいのです。

撮ったら、すぐモニターでチェックできないのがいいのです。

出来上がりの待ち遠しさ、届いたときの嬉しさ。

 

実際は、1本撮って、1枚いいのがあればいい腕ですが。。。

買ってしまいました。フィルム。このlomographyのフィルム、デジカメにはない、いい味が出るのです。


https://shop.lomography.com/jp/lomography-redscale-xr-35-mm-iso-50-200

このフィルムでしか撮れないような味をとってみたいです。

頑張っていいのが撮れたらここにアップしますね。

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 60代オヤジへ
にほんブログ村

25年ぶりの理髪店。

最後にちゃんとした理髪店行ったのは、25年ほど前と記憶しています。

いつもはQBハウスだったり、自分でパナソニックのバリカンです。

パナソニックのバリカンだって慣れれば、坊主でなくスポート刈りができるのです。

 

今日は仕事も早めに終わり、いつもと違うことをしようと普通の理髪店に行ってみました。

新鮮な体験になりました。

1時間ずーっと自分の顔を見続けなくてはいけない。

これって床屋さん以外ではありません。(床屋は雑誌を読めるわけでもなく。)

「ほうれい線深くなったな。」

「顔、少し歪んでるかも。」

「こんなとこにもシミできてる。」

「皮膚にはりがない。」

と、いろいろ変化を発見します。

コロナの対策なのか、「カットの長さは、どうしますか。」以外の会話はありません。

昔はいろいろ話し掛けられたのに。

鏡の横の水槽には、黄色い斑点のあるナマズ?のような魚が泳いでます。

「この魚なんて名前ですか?」と聞きたいのですが、話しかけてはいかない雰囲気。

マッサージはほんのちょっとですけど、昔と変わらずとても気持ちがいい。

しめて、4600円でした。

新しいスキカルが買える値段ですけど、いい経験になりました。

また行ってみよっと。

ではまた。