最強!オプティマバッテリーに。

空冷ビートルのバッテリー、評判の高いオプティマバッテリーに交換します。

右のBoschのバッテリーは2年半使いました。

今も特に問題は感じないのですが、

• バッテリーの寿命は2-3年。

• エンジン停止時、12V以下だとそろそろ交換時期。

ということらしく。。。

エンジン停止時11.9V

このメーターは11.9V。交換することにしました。

注)後で気づくのですか、この値ただしくないです。?また、ETC、ドラレコがオンになった状態での計測です。バッテリー端子で直接測るべきでした。(0.6V低い値でした。)

いままではこれ。

新しいバッテリーは

オプティマバッテリー 925S-L/RT R-3.7L


新しいバッテリー。

凄そうなバッテリーです。もちろんこのバッテリーメンテナンスフリー、バッテリー液の心配はありません。

バッテリーを選ぶにあたって、このかたのブログを参考にしました。ありがとうございます。

オプティマ・バッテリーのレッドトップ、15年ぶりに交換しました。

半谷範一の「オレは大したことない奴」日記
B級自動車ライターのカオスな日常

26000円という価格は、Boschのバッテリーの2倍以上の価格。

でも寿命も2倍以上だそうです。(ブログの人は15年も、すごい)

さて交換開始。

バッテリーは後部座席の下にあります。

後部座席のマットを外すとバッテリーが見えます。

 

最初にマイナス側端子を外して、プラス側を外す。

新しいバッテリーに交換し取り付けます。

ねじでしっかり固定してから。。。

固定できないやんかぁ。

オプティマバッテリー下のでっばり(つば)がほんの少し短く、固定する器具にかからないのです。

バッテリー固定イメージ図
バッテリー固定イメージ。
でっぱりが短くてひっかからない。

固定できないと、振動でターミナルが外れたり、ショートしたりして危険です。

底のでっぱり(つば)が狭い
BoschとOptimaの底幅比較
でっぱり(つば)が狭い 拡大図
ほんのこれだけ数ミリ短いだけで。

しかたなく、もとのバッテリーに戻しました。

販売店に聞くと、固定するためのスペーサーがいるとのこと。

注)販売店の方いわく、空冷ビートルでスペーサーが必要なことはあまりないとのこと。私のはバッテリー下が修理されており(バッテリーフロアーパン交換)それが原因かもしれません。

オプティマバッテリーを固定する記事はこちら。

ではまた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です