空冷ビートルワイパーゴム交換。

空冷ビートル1200cc 74年式に乗ってます。

ワイパーの拭き残りがひどくなり、ゴムだけ交換しました。

日本ワイパーブレード製、幅6mm、長さ275mm、ゴム断面も問題なし。

https://amzn.to/3tWrcYn

リア用と記載がありますが、ガラスを拭くのに前も後ろもないと思い購入しました。

ゴムの断面側面

断面と側面

交換はすんなり。(交換方法は下記メーカーサイトにあります。)ゴムも切る必要もなし。

https://www.nwb.co.jp

拭き具合も段違いに改善されました。

ひとつ、はてな? と思った点があります。このワイパーゴム、ゴムと金属レールにストッパー穴がないのです。

ストッパー穴がないタイプ

いつもあるストッパー穴がない。

 

よくサイトを見てみると、ストッパーのタイプは二種類ありました。

https://www.nwb.co.jp/pdf/how_to_buy_rubber.pdf

形状を見るとビートルのブレードタイプには使えないとかいてあります。

がーん。

でも、ついちゃったし、ブレードの爪(端っこの一つだけ)を少し締めたし、何回か拭き拭きしてみて外れる様子もないし。

とりあえずこれで使います。

 

ワイパーゴムは色々な種類があって、また一つ勉強になりました。

にほんブログ村 車ブログ 車いじりへ
にほんブログ村

空冷ビートルのシート破れの修理

空冷ビートルのリアシートの破れ(側面)を修理しました。

リアシートの下にはバッテリーがあり、シートを外したり、はめたりして破れやすいところです。

今回使うものはこれです。Amazonで購入しました。

1000円以下ですから失敗しても許せる値段です。「車シートの補修にも」と、説明に記載があるので、過酷な車内でも使えるようです。(真偽はわかりませんが)

用意したもの

  • マジックリン
  • シリコンオフ
  • ペーパータオル

届いた補修シートはこれです。/黒は撮り忘れたんです。これはヘッドライナー用のアイボリーです(涙

AMAZON  AioBos 合皮補修シート 20cm×28cm

20㎝ x 28cm が二枚入っています。

修理する部分

シート破れの修理 補修前 

ボロボロです。

貼る箇所の汚れをマジックリンとシリコンオフで落とします。(結構しっかり汚れてます。)

シートの裏側も汚れを落としてください。(シートの裏まで貼り付けて剥がれにくくします。)

必要な大きさ(より大きく)補修シート切ります。

補修シートにしわができないよう、引っ張りながら貼っていきます。

シートの裏側に貼る部分は、はさみで切り込みを入れて収まりやすくします。

シート破れの修理 補修後

修復後

素人にしてはなかなか、じかじさん。

ほぼ見えないところなんですけど、シボの模様がぴったりしていて、きれいにできました。

車内は結構過酷な状態になりますし、また金具で擦れるところです。

今後、耐久性はどうなのか?剥がれてこないか?

またチャンスがあればご報告します。

追伸。

シート補修で検索していたら、こんなすごい直し方もありました。シート表面はこれでいいのかもしれません。

私はここまでできる自信がありませんが、器用な方ならできそうですね。


多分この補修ボンドをつかっていますね。

YOKOHAMA G.T.SPECIAL CLASSIC Y350 タイヤ

空冷ビートル、ヨコハマタイヤに交換しました。.

 

スタッフ「タイヤに細かい亀裂とか部分的にあります。製造年を見ても交換時期です。(またか。。。) このタイヤにして何キロ走ってますか?」

ガソリン入れに行った時、スタンドの店員の方からいつものアプローチ。

私「4万キロかな。でも山は残ってますけど。」

スタッフ「4万キロですか?全く持って交換時期です (笑」

私「そうですか、正直そろそろかなとは。。。ちなみにブリジストンだといくらですか?」

スタッフ「同じサイズのブリジストンは製造中止です。ヨコハマだとこの値段です。」

私「ちょっと待って」市場価格を即ネットで検索。

提示値段は、ネットでの最安値以下で、おまけに、工賃から何から何まで全て込みでした。

たしかに安い。

私「妻に電話でいいかきいてみるから。」と一呼吸。

電話終了。

私「はい、ヨコハマタイヤに交換します。」

YOKOHAMA G.T.SPECIAL CLASSIC Y350 165/80R15

楽天での価格。

その他の候補

コンチネンタルは、思ったほど高くないです。

ナンカンはコスパ最高タイヤ。使っている人多いです。

155と細いです。このメーカー初めて聞きました。

ダンロップもみつけましたが、予算OVERです。

入荷の連絡がありました。

1時間で、交換完了。

「お時間あったら手洗いムートン洗車もサービスしますが、時間ありますか?」

私「えー?洗車も?ぜんぜんあります。」

ENEOS 最高!

さて、

タイヤ変えたからと言って、50年も前の車ですから、コーナーを早く走り抜けることなければ、スピードを出すこともないわけで、安全に止まられればそれでよしです。

追伸、ENEOSのタイヤキャンペーンは6月と12月だそうです。

旦那、タイヤかえませんか?

僕の空冷ビートル(50年前の旧車)のタイヤを交換した話です。

これまで、6年間で3万キロほど走行したので、安全を考えればそろそろ変えどきだと思ってました。

先日、ENEOSに寄った時に(毎度のようにですけど)店員さんからタイヤ交換の提案がありました。

「タイヤの溝はまだ残っていますが、そろそろ交換時期ですよ。」

私、「こないだも言ってたよ。」

「こないだよりすごいんです。キャンペーンで破格です。値段だけでもきいてください。」

「今回のキャンペーンはヨコハマタイヤになります。取り付け工賃やバランス調整も全て含んでこの価格です。洗車もつけちゃいます。」

私「むむむ、むむ。や、安い。お願いします。」

“ヨコハマ GTスペシャル クラシックY350”

ネット価格を見ても相当安いのです。

いま、車に合う国産タイヤはこれしかありません。

ENEOSの「タイヤ、キャンペーン」やっている時は、スタッフに聞いてもいいかも? でも、いい鴨になりませんように。。

タイヤの交換作業は1時間もかからずに完了しました。

走りは良くなり、音も静かになりました、というわけではありません。

第一、この車自体は性能は並以下、エンジン音も大きめで、タイヤの走行音など聞こえません。

しっかり止まり、安全であればいいです。

交換作業中、受付で待っていると

「旦那、そろそろタイヤ交換の時期ですよ。いまならキャンペーン中で。。。。」

と別のお客様にも囁いていました。

空冷ビートル、100kmでるんです。

空冷ビートル、スピード出ます。

僕の車は1200cc 41.5馬力なんですが、105kmまで出したことがあります。

カタログ上は115kmで走り続けられます。

皆さんが思っているより、結構早く走れるんです。

 

燃費ですか?

高速走行メインだと12km/l以上になります。

まあまあですね。

50年前の車でもこんなもんです。

ETCも、ドラレコもつくんです。

見る分にはユニークですが、乗っている分には普通の車です。


おやじ
 60代オヤジへ

カーソルをのせるとと画像が変わるよ

href=”https://oyaji.blogmura.com/oyaji_over60/ranking/in?p_cid=11100646″ target=”_blank” rel=”noopener”>にほんブログ村